Monthly Archives: 1月 2015

転職活動はじっくりと焦らず行いましょう

転職とは、よりよい職場環境、仕事内容を期待しするものです。一番重要なのが次の働き先が決まっているかどうかということです。転職を思い立ったらすぐ会社をやめるということはやめましょう。辞めたはいいけれど次の働き先が見つからず、とりあえずで安易に決めてしまうと、こんなはずではなかったということだってありえるのです。
まずは、期間に余裕を持って調べてください。どんな仕事内容で探しているのか、その職場の環境はどうなのか、など現在では会社のクチコミサイトも存在しますので、ある程度調べることも可能です。求人サイトには、簡単な説明しかなく実際の内容は異なっているというところも存在します。また、自分が今いる環境よりよく見えてしまうこともあります。冷静に判断するためにも、時間をかけて選ぶことが大切なのです。
なかなか仕事をしながらの転職活動は大変ではありますが、就職難の今、その後のことを考えるとそれが一番手堅い選択になります。

転職は逆に会社を面接しよう

転職で切っても切り離せないのが面接だと思います。
特に、求職者がどんな人で、何のスキルがあってどう会社に貢献するかを、必要以上に聞かれることになります。
また、面接対策をしっかりとしていないと、やはり採用が遠のいてしまうのも現実です。しかし、考え方を変えれば面接を受けることで、会社の雰囲気などを求職者が感じ取ることも出来ると思います。

つまり、逆にこちらが面接をする気持ちを持つことも大切だと思います。現実を言えば、日本には多くの企業がありますが、やはり中にはブラック企業などが存在しているのも現実です。そのため、少しでも自分と合いそうでなかったり、労働環境などが悪そうな会社は、面接の時にボロが出ると思います。

特に良い雰囲気の会社はやはり、面接の際もきちんとした人事担当者が受け持つし、他の従業員達も明るく挨拶をしてきます。逆のパターンは、面接官がタメ口だったり説教をしてきたり、他にも嫌味を言ってきたりもします。このような会社は実に多いので、転職活動をしていれば一つは当たるはずです。

つまり、転職活動は求職者が会社を判断することも出来るので、そういう意味でもしっかりとした活動をしてくべきです。それにより、求職者と会社が本当にマッチすることが出来ると言えます。